TikTok LIVE(ライブ)のやり方を手順付きで解説|LIVE配信ができる条件やメリットとは?

TikTok LIVE(ライブ)

TikTok LIVE(ライブ)は、全員が利用できるわけではありません。TikTok LIVE(ライブ)を活用できれば、収入源が増えたり、固定ファンを獲得しやすくなります。

しかし、注意点を理解した上で行わなければ、思わぬトラブルを招いてしまうかもしれません。安全にTikTok LIVE(ライブ)を行うためにも、この記事を活用することをおすすめします。

今回は、TikTok LIVE(ライブ)のやり方、条件、機能やメリットについて解説します。TikTok LIVE(ライブ)のやり方も手順付きで解説するので、初めて利用する方も参考にしてみてください。

ショートムービーマーケティングの依頼を考えている方へ

TORIHADAでは、ショートムービーマーケティングの「企画」「制作」「運用」を全てワンストップで支援します。
また、800組以上の所属/提携クリエイターやインフルエンサーが所属する「PPP STUDIO」を子会社として構えており、他事務所とも幅広く提携があるため、多種多様な要望に応じてインフルエンサーのキャスティングも可能です。

\ まずはご相談からでも可能! /

目次

TikTok LIVE(ライブ)とは?

TikTok LIVE(ライブ)とは、TikTok内でリアルタイムで、配信・視聴できる機能です。配信できるようになるための一定の条件はあるものの、ライブ配信を通してリアルタイムで配信者とユーザーがコミュニケーションをとることができます。また、投げ銭機能もあり収益化につなげることも可能です。

フォロワー1,000人以下ではLIVE配信できない?

TikTok LIVE(ライブ)は、フォロワー1,000人以下でもLIVE配信ができる可能性があります。「フォロワー1,000人以下でもLIVE配信できる」と断定しない理由は、TikTok LIVE(ライブ)の可能条件が明確に発表されていないからです。

ただし、おおよそフォロワー300〜400人程度でLIVE配信ができると考えられています。他にも、次の章で解説するTikTok LIVE(ライブ)配信ができる条件を満たしていれば、LIVE配信ができる可能性が高いです。

「TikTok LIVE(ライブ)ができるかどうかが不安」と悩んでいる人は、次の上で解説する条件を参考にしてみましょう。

TikTokのLIVE(ライブ)配信ができる条件2選

TikTokのLIVE配信ができる条件は、下記の2つです。

  • 年齢が18歳を超えている
  • TikTokが求める基準をクリアしている

TikTokのLIVE配信ができる条件は、それほど厳しくありません。年齢制限をクリアし、その他の基準を満たしていればほとんどの人が利用可能です。

年齢が18歳を超えている

TikTokのLIVE配信は、18歳以上でなければ利用できません。以前は16歳からLIVE配信可能でしたが、2022年11月23日からLIVE配信の可能年齢が、18歳に引き上げられました。

また、16歳未満のアカウントでは、メッセージサービスも利用できません。TikTok内で利用できるコインの購入やギフト交換にも年齢制限があるため、自分自身が当てはまるかどうかを確認しておくことが大切です。

参考:TikTok「コミュニティガイドライン

TikTokが求める基準をクリアしている

TikTok LIVE(ライブ)を利用するためには、TikTokが求める基準をクリアしていなければいけません。ただ、TikTok LIVE(ライブ)ができる条件は明確に発表されていないため注意しましょう。

TikTokが求める基準は、下記2つだと予測されています。

  • 質の高いコンテンツの創作実績
  • 一定のフォロワー数

一定のフォロワー数は、およそ1,000人前後だと推測されています。その前提においては、一定のフォロワー数の基準を満たすことはそこまで難しい基準ではないものと考えられます。つまり、質の高いコンテンツを作れるかどうかが、TikTok LIVE(ライブ)が可能となる条件の中で重要です。TikTokから質の高いコンテンツだと認識されるためには、ユーザからの高い評価や高いエンゲージメント率を保つことが大切です。

TikTok LIVE(ライブ)配信のメリット3選

TikTok LIVE(ライブ)配信には以下3つのメリットがあります。

  • 視聴者とリアルタイムのコミュニケーションを取れる
  • 投げ銭で収益化できる
  • 新しいフォロワーを獲得しやすい

以上の3つのメリットについて以下で詳細に解説します。

視聴者とリアルタイムのコミュニケーションを取れる

TikTok LIVE(ライブ)配信のメリット1つ目は、「視聴者とリアルタイムのコミュニケーションを取れる」です。

通常のTikTokの動画では、動画のコメント欄やダイレクトメッセージなどのリアルタイムではないコミュニケーションしかとれません。コミュニケーションをとることは可能ですが、時間がかかってしまいます。

一方で、TikTok LIVE(ライブ)の機能を使用すれば、リアルタイムでコメント欄や投げ銭を通じて直接ユーザーとコミュニケーションをとることができます。配信者側はテキストではなく言葉で会話をできるため、ユーザーとの距離を縮めやすく、ファン獲得につなげやすいです。

投げ銭を収益化できる

TikTok LIVE(ライブ)配信のメリット2つ目は、「投げ銭を収益化できる」です。

TikTok LIVE(ライブ)の配信中に、視聴者から2円〜約83000円の投げ銭をもらえます。換金率は30%程度と高い数値であるとは言えませんが、TikTokの通常の動画配信に比べて収益化に繋げやすいといえます。

人気の高いLIVE配信者は、数時間のライブだけで、数十万円から100万円程度の投げ銭を獲得しています。人気を博せば、ライブ配信で年収1000万円を超えるということも不可能ではありません。

また、投げ銭以外にもTikTokアフィリエイトサービスを利用することで収益化につなげることもできます。株式会社TORIHADAでは、TikTok専用アフィリエイトサービスを運営しています。詳しくは以下のサイトとお問い合わせフォームをご参照ください。

新しいフォロワーを獲得しやすい

TikTok LIVE(ライブ)配信のメリット3つ目は、「新しいフォロワーを獲得しやすい」です。

TikTok LIVE(ライブ)配信は、通常のTikTok動画と同様におすすめ欄に表示されます。加えて、TikTok LIVE(ライブ)のみを表示するトップLIVEという場所も用意されており、ライブ配信だけを表示させられるため、より新しいユーザーに発見してもらいやすくなります。

また、コラボ配信をすることで、これまで獲得できなかったユーザーを新たに抱えることにもつながります。

加えて、直接コミュニケーションをとることができるため、ユーザーとコミュニケーションをかわしながら、直接フォローを訴求できるため、通常の動画に比べてフォロワーの獲得につながりやすいと言えます。

【手順別】TikTok LIVE(ライブ)のスマートフォン配信のやり方

TikTok LIVE(ライブ)のやり方は、下記手順を参考にしてください。

  • ①投稿画面の「+マーク」を押す
  • ②「LIVE」を選択する
  • ③「LIVEを開始」を押す

①投稿画面の「+マーク」を押す

TikTok LIVE(ライブ)を行うためには、通常の投稿をする際と同様に、画面下部の「+マーク」を押しましょう。「+マーク」は、デフォルトで画面下部の中央に表示されています。

②「LIVE」を選択する

「+マーク」を選択できたら、複数ある選択肢の中から「LIVE」を選択しましょう。「LIVE」ボタンは、1番右端に設置されています。「+マーク」を押しても、左にスワイプしなければ「LIVE」ボタンが表示されないため注意が必要です。

また、TikTok LIVE(ライブ)ができる条件を満たしていない場合は「LIVE」の文字が表示されません。「LIVE」の文字が表示されない人は、TikTok LIVE(ライブ)ができる条件を満たしていないため、まずは条件を満たす必要があります。

③「LIVEを開始」を押す

「LIVE」ボタンを選択できたら「LIVE開始」が表示されます。「LIVE開始」ボタンを押せばLIVE配信が開始されるため、準備ができた状態でボタンを押しましょう。

【手順別】TikTok LIVE(ライブ)のゲーム配信のやり方

TikTok LIVE(ライブ)では、ゲームの画面を共有しながらライブ配信を行えます。PCゲームや家庭用ゲーム機の場合は、ストリーミングソフトを使用する必要性があるため、スマートフォンでなくPCでライブ配信を行う必要があります。

一方で、スマートフォンゲームの場合は、スマートフォンのみでライブ配信を行えます。具体的には以下の順序で行えます。

  1. LIVE配信スタート画面の小タブを「モバイルゲーム」にする
  2. 「今すぐ開始」をタップする
  3. 画面共有を許可する
  4. PiP通知を許可する(PiP通知を許可することで、ゲームを行いながらライブ配信のコメントや投げ銭を見れます。)
  5. LIVEがカウントダウンに合わせて開始される

上記のステップでゲーム配信を始めてみましょう。

TikTok LIVE(ライブ)で使える機能4選

TikTok LIVE(ライブ)で使える機能としては、下記4つが挙げられます。

  • フィルターやエフェクトなどの加工機能
  • 別アカウントとのコラボ配信機能
  • 視聴者から受け取れる投げ銭機能
  • データ分析ができるインサイト機能

TikTok LIVE(ライブ)で使える機能を理解しておくことで、安全かつ効果的にフォロワーを増やせます。不要なトラブルを避けるためにも、TikTok LIVE(ライブ)で利用できる機能を理解しておくことが大切です。

フィルターやエフェクトなどの加工機能

TikTok LIVE(ライブ)では、フィルターやエフェクト機能も利用可能です。フィルターやエフェクト機能では、美肌効果やスタンプを利用できるため、通常の投稿と同様な加工ができます。

TikTok全体でブランディングしている人は、TikTok LIVE(ライブ)でも同じ加工を使用できるため、世界観を崩さずにLIVE配信が可能です。

フィルター機能のやり方

フィルター機能は、以下の手順で使用できます。

  1. LIVE配信のスタート画面にある「美肌」をタップ
  2. 「美肌」「スリム」「目」「小鼻」「笑顔」「コントラスト」「ファンデ」「キラ目」「美歯」「チーク」「リップ」「シャドウ」の設定ができます。
  3. 「フィルター」タブを押すと、好きなフィルターを選択して選べます。

上記ステップでフィルター機能を試してみましょう。

エフェクト機能のやり方

エフェクト機能は、以下の手順で使用できます。

  1. LIVE配信のスタート画面にある「エフェクト」を選択する
  2. 複数表示されるエフェクトの中から自分好みのエフェクトを選択する

上記ステップでエフェクト機能を試してみましょう。

別アカウントとのコラボ配信機能

TikTok LIVE(ライブ)では、別アカウントとのコラボ配信機能も利用可能です。別アカウントとコラボ配信することで、お互いのフォロワーに対して認知を広げることができ、フォロワー増加にも繋がります。

しかし、コラボしたい相手もTikTok LIVE(ライブ)の配信条件を満たしていなければ利用できないため注意が必要です。

【手順別】コラボ配信のやり方

コラボ配信が可能な相手は、相互フォローしているか、TikTok側からランダムにおすすめされた配信者のみです。そのため、特定のユーザーとライブ配信を行いたい場合は、事前に相互フォロー状態にしておく必要があります。

コラボ配信の手順は以下の通りです。

  1. ライブ配信を開始する
  2. 画面に表示されている「2つのわっかマーク」をタップ
  3. コラボしたいアカウントを選択し、「招待」をタップ
  4. 相手が招待を承認すると、コラボ配信が始まります

上記ステップを参考にコラボ配信を始めてみましょう。

視聴者から受け取れる投げ銭機能

TikTok LIVE(ライブ)では、投げ銭機能も利用可能です。投げ銭機能とは、視聴者が配信者に対してギフトを送れる機能のことです。投げ銭機能を活用すれば、新たな収入源を確保できます。

しかし、20歳未満は投げ銭に必要なギフトの購入や受け取りができないため注意しましょう。

投げ銭を換金するやり方

ライブ配信を通じて得た投げ銭は、以下の手順で換金できます。

  1. ライブ配信前に、「設定」にある投げ銭の受け取り設定がオンになっていることを確認する
  2. ライブ中に獲得した投げ銭がダイヤモンドに自動変換される
  3. プロフィール画面の右上にある「≡」をタップ
  4. 「ポケット」をタップ
  5. 「コンテンツ報酬」から「換金する」をタップ
  6. 「Payoneer」「銀行送金」「PayPal」の3つの出金方法から、好みの方法を選択する。
  7. 換金金額を決定し、「換金する」をタップ
  8. 「換金リクエストが送信されました」と表示されたら完了

以上の手順を通して換金をすることができます。

即日換金はできないため、実際にお金が欲しいタイミングに合わせてあらかじめ換金リクエストを行うようにしましょう。

データ分析ができるインサイト機能

TikTok LIVE(ライブ)では、インサイト機能を活用することで効率的にフォロワーを増やせます。インサイト機能とは、投稿やLIVEを行った後のデータを分析できる機能のことです。

投稿だけでなく、プロフィールの表示回数やフォロワーの推移も確認できます。TikTok LIVE(ライブ)を行ったことで、フォロワーが増えたのか減ったのかによっても今後の戦略が異なるため、積極的に活用することをおすすめします。

TikTok LIVE(ライブ)をする際の注意点3選

TikTok LIVE(ライブ)をする際の注意点は、下記の3つです。

  • TikTokの禁止事項を遵守する
  • 条件を満たしていれば申請は必要ない
  • TikTok LIVE(ライブ)はパソコンからでもできる

TikTok LIVE(ライブ)をする際には、注意点を理解していなければトラブルを引き起こしてしまいます。場合によっては、アカウントが凍結されて利用できなくなる恐れがあるため注意しましょう。

TikTokの禁止事項を遵守する

TikTok LIVE(ライブ)には、禁止事項が設けられています。禁止事項を遵守しなければ、アカウントが永久停止になる恐れがあるため注意しましょう。TikTok LIVE(ライブ)の禁止事項は、下記の4つです。

  • 運転中の配信
  • 誹謗中傷
  • 性的な内容の配信やコメント
  • 著作権侵害

上記の禁止事項は、決して難しいものではありません。自分や他人の身の安全を守るためにも、最低限の内容です。TikTokが原因で、様々なトラブルを起こしてしまっては 元も子もありません。TikTok LIVE(ライブ)を行うなら、TikTok LIVE(ライブ)の禁止事項は必ず理解しておきましょう。

条件を満たしていれば申請は必要ない

TikTok LIVE(ライブ)ができる条件を満たしていれば、LIVEを行うための申請は必要ありません。そもそも、明確な基準も発表されていないため、いつ条件を満たしたかどうかもわかりません。

TikTok LIVE(ライブ)が可能であれば、自動で権限が付与されます。自動で権限が付与されれば、投稿画面で「LIVE」と表示されるようになります。

TikTok LIVE(ライブ)はパソコンからでもできる

TikTok LIVE(ライブ)は、スマホだけでなくパソコンからも利用可能です。TikTok LIVE(ライブ)をパソコンから行う手順は、下記の通りです。

  1. パソコンからTikTokにログイン
  2. 左側にある「Go LIVE」をクリック
  3. タイトルやカバー写真を選択
  4. サーバーURLとストリームキーを取得
  5. OBSなどストリーミングソフトで映像を配信

パソコンでTikTok LIVE(ライブ)を行うことで、画面を固定できたりスマホで他の操作ができたりするメリットがあります。使い方次第で、効果的にユーザーと交流することもできるため、パソコンでのTikTok LIVE(ライブ)もおすすめです。

ライブ配信の安全性を守るために役立つ機能4選

ライブ配信は、リアルタイムでコミュニケーションが取れるため多くのメリットがあるということはこれまで説明してきましたが、リアルタイムであるからこそ、誹謗中傷や荒らしに合う可能性も高いです。そのため、安全性を守るためにいくつかの対策を行うことも必要です。

この章では、ライブ配信の安全性を守るために役立つ以下の4つの機能を紹介します。

  • 不適切なコメントを報告する
  • キーワードフィルターを設定する
  • モデレーターを用意する
  • ミュート・ブロックする

各項目について以下で詳細に解説します。

不適切なコメントを報告する

コメント欄にて、表示させたくない不適切なコメントがあった場合、そのコメントを長押しすると、運営に報告できます。複数のアカウントから報告を受けた際に、アカウント停止などの罰則を受けるため即効性はありませんが、長期的に同じ荒らしに合わないためにも、もし不適切なコメントをされた際には報告をするようにしましょう。

キーワードフィルターを設定する

TikTok LIVE(ライブ)では、特定のコメントを非表示にすることも可能です。

事前に特定のキーワードを非表示にしておけば、そのキーワードを含んだコメントを非表示にできるため、不要なトラブルを避けることが可能です。

非表示以外にも、コメント自体をオフにしたり不適切な可能性があるコメントを非表示にする機能もあるため活用してみましょう。

ミュート・ブロックする

特定の不適切な視聴者を、ミュートやブロックをすることで視聴者から排除することも可能です。

ミュートされたユーザーは、TikTokライブ配信自体は視聴できるもののコメントができないため、コメント欄における荒らしを防げます。

また、ブロックをしたユーザーは、自分のライブ配信はもちろん、その他の動画も含めてすべてのコンテンツを視聴できなくなります。悪質な行動が目立つユーザーに対して最終手段として行いましょう。

モデレーターを用意する

TikTokライブ配信では、他のユーザーを「モデレーター」にすることができます。モデレーターは、配信者の代わりに、コメントを報告したり、ブロックやミュートを行えます。

コメント欄での荒らしなどを気にせずに自分は配信に集中したい方などは、モデレーターを指定し、ライブ配信を管理してもらうと良いでしょう。

モデレーターについては、以下の記事で詳細に解説してあるので参照してみてください。

PPP STUDIO株式会社に所属してTikTok LIVE(ライブ)で収益化しよう!

TikTok LIVE(ライブ)で収益化するためには、TikTok LIVE(ライブ)イベントへの参加やクリエイター同士のコラボをすることがおすすめです。

また事務所に所属していると、最新のイベント情報を入手することが可能です。

TORIHADAでは、TikTok事務所(PPP STUDIO)も運営しています。

PPP STUDIOでは、LIVE配信のサポートだけでなく、投稿するコンテンツの質に対するサポートも行っています。

さらに、PPP STUDIO株式会社に所属してTikTokライブ配信を行うと以下の独自イベントに参加できます。

  • Amazonギフト総額20万円イベント
  • Apple製品総額25万円イベント
  • デパコス総額15万円イベント
  • ハイブランド総額50万円イベント
  • 沖縄サムネイル撮影紹介動画撮影イベント

PPP STUDIOに所属して、LIVE配信のサポートを受けながら独自イベントに参加して収益化を目指しましょう。

所属に興味がある方は、ぜひお問い合わせください。

クリエイター | PPPSTUDIO

TikTokマーケティングのお問い合わせはTORIHADAへ

TikTokを活用したマーケティング施策でお困りの際は、TORIHADAまでご相談ください。コンテンツの企画制作、施策のKPI設計とPDCAの実行まで、一貫してサポートいたします。

また、800組以上のクリエイターやインフルエンサーが所属する「PPP STUDIO」から、お客様に適した人材のキャスティングも可能です。

「TikTokの運用のやり方が分からない」「思うような成果が出ない」「インフルエンサーマーケティングをやってみたい」など、ノウハウや実績に基づきお客様の課題や要望に沿って最適なプランをご提案します。

この記事を書いた人

TORIHADA POSTは、TikTok・YouTube・LINE VOOM・InstagramなどのSNSやインフルエンサーマーケティングに関する情報を発信していくサイトです。
SNSの最新情報やインフルエンサーのビジネス活用方法を多様な視点で提供していきます。

若井 映亮
株式会社TORIHADA CEO
【執筆実績】
・『ショートムービー・マーケティングTikTok が変えた打ち手の新常識』出版社:KADOKAWA (2021/12/22)
【メディア出演実績】
・TikTok にハマる理由 優秀なAI がユーザーを魅了する: 日経Biz Gate(2022/2/17)
・今さら聞けない バズる動画完全攻略セミナー:テレビ朝日 NEW ニューヨーク(2021/11/19放送)
・TikTokビジネス活用大全:新R25プレミアム講座

1989年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、サイバーエージェントに入社してアドテク事業の責任者を経験。2017年10月にTORIHADAを取締役として共同創業。2020年4月には、TikTok MCN PPP STUDIOを設立。2023年時点では、総勢700組のショートムービークリエイターを抱える日本最大規模のクリエイター事務所としてクリエイターサポートを行う。自身もフォロワー5万人を超えるクリエイターの1人として、ショートムービー・プラットフォームを活用し、クリエイター目線を持って活動のサポートを行う。2022年12月からTORIHADA POSTの運営を開始。
目次