クリエイターエコノミーとは?ビジネスモデルや人気のプラットフォームをご紹介

クリエイターエコノミー

クリエイターエコノミーとは?ビジネスモデルや人気のプラットフォームをご紹介

近年、SNSの発展により「クリエイターエコノミー」という言葉が注目されています。このエコノミーは、個人のクリエイターがSNSなどで制作物やサービス、コンテンツを提供し、収入を得ることで形成される経済圏のことを指します。

ブログや動画配信プラットフォーム、画像共有アプリなど、さまざまなプラットフォームがクリエイターたちに発展の場を提供しています。本記事では、クリエイターエコノミーの歴史やカテゴリーについて紹介し、また人気のプラットフォームや収益方法についても詳しく解説します。クリエイターエコノミーの今後や企業にとってのビジネスの展望についても考察していきます。

目次

クリエイターエコノミーとは?

クリエイターエコノミーとは、個人クリエイターがSNSなどでコンテンツやサービスを提供し、収入を得る経済圏のことを指します。この経済圏は、アーティストだけでなく、さまざまなジャンルで創作活動を行う人々に対しても当てはまります。

具体的なプラットフォームとしては、YouTubeやInstagram、TikTokといったSNSが挙げられますが、音声配信やEコマースなど様々な分野にわたります。これらのプラットフォームを活用することで、クリエイターは自身の才能やアイデアを表現・発信し、それによって収益を得ることが可能です。

収益化の手段も多様であり、広告収入以外にもコンテンツ販売、投げ銭、クラウドファンディング、サブスクリプションなどがあります。これらによって、クリエイターは自身の作品やサービスによって直接的または間接的に収益を得ることができます。

また、クリエイターエコノミーの成長に伴い、クリエイターを支援するマネジメントやサービスも登場しています。例えば、プラットフォーム上での集客や宣伝を支援するエージェンシーや広告代理店、クリエイターのスキルやキャリアの育成をサポートするスクールなどが存在します。これによって、クリエイターはより一層活動を充実させることができるようになりました。

クリエイターエコノミーの歴史

1999年に無料のブログサービスであるBloggerが登場しました。これにより、専門的な知識がなくても誰でも文章や写真をWeb上に投稿・発表することが可能となり、クリエイターエコノミーが生まれる土壌となりました。

次に、2005年にはYouTubeが誕生しました。この年に導入されたYouTube広告は、広告収入を得る新たな収益モデルとして注目されました。この時期からクリエイターエコノミーは一層発展していきます。

さらに、2010年以降はInstagramの登場が大きな変革をもたらしました。これによりインフルエンサーと呼ばれる個人や企業が自身のコンテンツを発信し、企業との協力による報酬モデルが確立しました。

また、広告収入やインフルエンサー報酬だけでなく、さまざまな収益モデルが登場しています。例えば、D2C販売や投げ銭、Patreonなどの寄付や定期支援システムもクリエイターにとって新たな収益源となっています。

最近ではNFTもクリエイターエコノミーにおいて注目されています。NFTはデジタル資産の所有権を明確化するための技術であり、クリエイターにとって作品の価値向上や直接的な収益化の手段となっています。しかし、NFTに関する法的議論も進行中であり発展途上な段階であるものの、今後の発展が注目されています。

参照:クリエイターエコノミーとは・意味

クリエイターエコノミーの市場規模

グローバル市場規模は2022年に1,640億ドル(約22.3兆円)と予測されており、2023年にはさらに増加し2,110億ドル(約28.7兆円)に達すると予想されています。

クリエイターエコノミーは、個人クリエイターがインターネットを通じて商品やサービスを提供し、それによって生み出されるデジタル市場です。最近の報告によれば、クリエイターエコノミー関連の人口は世界総人口の約23%に相当し、4人に1人以上がこの新たな経済圏に関与しているとされています

参照:クリエーターエコノミー 成長続ける30兆円市場の可能性

クリエイターエコノミーのカテゴリー

クリエイターエコノミーにいるプレイヤーは、現在は大まかに以下の3つに分類されています。

  • インフルエンサーマーケティング
  • メディアプラットフォーム
  • オーディエンスがクリエイターに直接課金するサービス

それぞれどのようなシステムで報酬を得るのか、詳しく解説していきます。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、主にSNSで大きな影響力をもつ「インフルエンサー」にブランドの製品やサービスを紹介してもらい、消費者の態度変容や行動変容を促すコミュニケーション型マーケティング手法です。

人気のユーチューバーやインスタグラマーに自社製品やサービスの紹介してもらうことで、認知拡大や購買、ファン(ロイヤルカスタマー)化につなげる手法として大きく注目されています。

今や大企業から中小企業まで、多くの企業がインフルエンサーマーケティングに取り組んでいます。

インフルエンサーマーケティングには、エージェンシーやCRMツールなどの支援体制が存在します。エージェンシーはクリエイターと広告主や企業をつなぐ架け橋となり、双方のニーズをトレードオフしながら最適な契約を実現します。

CRMツールは顧客関係管理を支援し、顧客の個人情報や購入履歴、フォームやアンケートの入力内容などを一元管理することができます。これにより、広告主や企業は正確なターゲティングや効果測定を行い、より効果的なマーケティング戦略を展開することができます。

メディアプラットフォーム

メディアプラットフォームは、個人や企業がメディアコンテンツを制作し、配信するための機能を提供するプラットフォームです。

これらのプラットフォームは、インターネット上で広範な視聴者に対してコンテンツを提供することが可能であり、YouTube、Instagram、Twitter、TikTokなどがその代表的なサービスとして挙げられます。

オーディエンスがクリエイターに直接課金するサービス

注目すべきはファンディングサイトです。これは、クリエイターがプロジェクトや作品制作に必要な資金を募るために設立されたプラットフォームです。ファンディングサイトでは、オーディエンスから寄付や投資を募り、その対価として特典や限定コンテンツを提供することで支援者に還元します。

また、ファンエンゲージメント収益もオーディエンスが直接クリエイターに課金するサービスの一つです。これは、クリエイターが提供するコンテンツやサービスに対して、オーディエンスが有料でアクセスしたり、特典を受けたりすることで直接的な収益を得る仕組みです。

さらに、オーディエンスが直接支援し、クリエイターに収益をもたらす方法としてコミュニティ運営支援もあります。これは、クリエイターが自身のファンや支持者と交流し、共同体を形成するために専用のプラットフォームやツールを利用するものです。

クリエイターエコノミーのビジネスモデル

クリエイターエコノミーのビジネスモデルにはさまざまなものがありますが、代表的なものを以下の表にまとめました。

ビジネスモデル特徴
広告収入広告をコンテンツ内に表示させることで収益を得るビジネスモデル
サービスの提供自身の技術や知識を活かしてサービスを提供し、収益を上げるビジネスモデル
アフィリエイトマーケティングコンテンツ内で特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から収益を得るビジネスモデル
デジタルプロダクトの販売自身の知識や技術を活かして作成したデジタルプロダクトを販売するビジネスモデル
スポンサーシップ企業やブランドからスポンサーシップの支援を受けることで収益を得るビジネスモデル
サブスクリプションモデル定期的にコンテンツやサービスを提供し、その対価としてファンから定期的な収益を得るビジネスモデル
ライブストリーミング・寄付ライブストリーミングプラットフォーム(TwitchやYouTube Liveなど)を利用し、ファンからの寄付やチップを受け取るビジネスモデル
マーチャンダイジング自身のブランドやデザインのグッズなどを販売することで収益を上げるビジネスモデル
イベントと体験イベントや体験の参加料を収益として得るビジネスモデル
ライセンシングとシンジケーション自身のコンテンツのライセンスをメディアや企業に販売し、使用してもらうことで収益を得るビジネスモデル

クリエイターエコノミーは、個人の才能や創造性を活かして収益を得る新たな経済圏であり、多様なビジネスモデルが存在します。これからますますクリエイターエコノミーが発展し、個人が自身の才能を活かして収益を上げる機会が広がっていくことが予想されます。

参照:クリエイターエコノミーとは?10のビジネスモデルや事例も紹介

プラットフォームとその収益方法

ここからは代表的な以下のプラットフォームとその収益方法について解説していきます。

  • YouTube
  • Instagram
  • TikTok
  • SHOWROOM
  • note
  • カクヨム
  • pixiv
  • Voicy
  • Spotify
  • CAMPFIRE
  • FiNANCiE
  • FANME(弊社サービス)

それぞれが異なるジャンルのプラットフォームであり、収益方法もさまざまです。

YouTube

YouTubeは動画共有サービス市場で最大のシェアを持つプラットフォームです。日々、数億人以上の利用者がYouTubeを訪れ、様々な情報やエンターテイメントを楽しんでいます。このような利用者の多さから、企業にとってYouTubeは非常に魅力的な収益源となっています。

YouTubeの収益化の方法は多岐にわたりますが、主要な収益源は広告収益です。動画再生ページ上や検索結果ページ上に表示される広告から得られる収入が、YouTubeチャンネル運営者に支払われます。チャンネル運営者は、YouTubeパートナープログラムへの参加資格を得るためには、一定の基準を満たす必要があります。

例えば、チャンネル登録者数や動画の再生回数などが基準とされており、これらをクリアすることでパートナープログラムへの参加が可能となります。YouTubeパートナーになることで広告収益を得られるだけでなく、各種特典も受けることができます。

また、スーパーチャットや月額課金のメンバーシップ、企業からのPR案件によっても報酬を得ることが可能です。

Instagram

Instagramは主要なインフルエンサーマーケティングプラットフォームのひとつであり、多くの企業がこのSNSを活用してマーケティング活動を行っています。インフルエンサーとは、Instagram上で大きな影響力やフォロワー数を持つ人々のことであり、彼らは企業から報酬を受けることができます。

インフルエンサーマーケティングは、伝統的な広告手法よりも効果的であるとされており、特に若い世代へのアプローチにおいて非常に有効です。そのため、多くの企業がInstagram上でインフルエンサーマーケティングを取り入れています。

instagramには、インスタライブと呼ばれるライブ配信機能があります。そして、ライブ配信ではバッジ機能を使い、いわゆる投げ銭を集めることもできます。

TikTok

TikTokは手軽にショート動画を投稿できる動画プラットフォームです。日本を含む世界中で利用者が急速に増えており、爆発的な拡散力を持っています。そのため、多くの企業や個人がTikTokをマーケティングのツールとして活用しています。

企業は広告やプロモーションを通じてTikTokのユーザーにアプローチし、自社の商品やサービスをアピールします。

一部のTikTokerはライブ配信の「ギフト」機能を通じて多額の収益を得ています。フォロワーから送られてくる仮想通貨「ギフト」は現金化することができます。ライブ配信中、視聴者が自分の気に入ったパフォーマンスやコンテンツに感謝を込めてギフトを贈ることがあります。そのため、人気のあるTikTokerは大勢の視聴者からギフトを受け取ることがあり、それによって収益化することもできます。

SHOWROOM

SHOWROOMは、人気のライブストリーミング配信サービスです。このプラットフォームでは、ライバー(配信者)が投げ銭機能を利用して収入を得ることができます。視聴者がギフティング(贈り物)を行うと、ポイントが蓄積されます。そして、これらのポイントは実際のお金と交換することが可能です。

ギフトには有料と無料の種類があります。有料のギフトは視聴者が一定の金額を支払ってライバーに贈るものであり、その対価として特別なプレゼントやメッセージを受け取ることができます。無料のギフトやコメントでもポイントを獲得することができます。

note

noteは文章を基にした情報コンテンツを提供するサービスです。記事作成者は、さまざまな方法で収益化を図ることができます。

まず、有料記事の販売があります。ユーザーは直接記事を購入し、記事作成者はその売上の一部を受け取ることができます。また、複数の記事をまとめた「有料マガジン」という形式でも販売できます。さらに、月額制の「定期購読マガジン」もあります。

次に、月額会員制のオンラインサロン「サークル」もあります。特定のテーマやコミュニティに興味を持つユーザーが参加し、記事作成者と交流することができます。

さらに、「オンラインサポート」という投げ銭機能も存在します。ユーザーは気に入った記事やコンテンツに対して、自由な金額で投げ銭することができます。

また、noteではAmazonアフィリエイトも活用することができます。記事内にAmazonの商品を表示し、購入者が発生した場合に報酬を得ることができます。さらに、「note for shopping」という機能では、ECサイトの商品を一覧表示することも可能です。

「ストア機能」を使用すると、記事内やプロフィールページに商品一覧を表示することができます。

カクヨム

カクヨムは、KADOKAWAが運営する小説投稿プラットフォームです。このプラットフォームでは、収益性が重視されており、「ロイヤルティプログラム」を主な収益源としています。このプログラムでは、投稿された小説の閲覧数に応じて収益を得ることができます。

カクヨムでは、個人出版の仕組みも提供されています。投稿した小説は「BOOK☆WALKER」で電子書籍として販売可能であり、これによってさらなる収益を得ることができます。読者に購入されるたびに、作家は報酬を得ることができるシステムとなっています。

pixiv

pixivはイラストや漫画の投稿サービスであり、総登録ユーザー数は9,800万人以上を誇ります。(2023年8月時点)このプラットフォームは、「クリエイターのためのSNS」と位置づけられており、ファンとの交流や新たなクリエイターの発見・育成に焦点を当てています。

pixivは、2007年にサービスが開始されて以来、多くのクリエイターやファンによって支えられ、1億3100万作品以上が投稿されました。そのため、創作活動を楽しむ人々にとって重要なプラットフォームとなっています。

また、pixivでは収益化手段として、月額制のファンコミュニティ「FANBOX」が提供されています。これによりクリエイターは、ファンと直接的なつながりを持ちながら収益を得ることができます。さらに、作品の販売に関しても関連プラットフォームである「BOOTH」を通じて可能です。

参照:pixivがサービス開始から16周年!総登録ユーザー数は9800万人、累計作品数は1億3100万超え~16年間を振り返るインフォグラフィックを公開~

Voicy

Voicyは国内最大の音声プラットフォームです。このプラットフォームを利用するためには、審査に合格したパーソナリティとして認められる必要があります。Voicyでは厳しい審査が行われ、通過率はわずか5%です。そのため、Voicy上で活動するパーソナリティは質の高いコンテンツを提供しています。

Voicyでは、「プレミアムリスナー」と呼ばれる月額課金制度があります。リスナーは一定の金額を支払い、特別な特典やコンテンツを楽しむことができます。

また、「差し入れ」も重要な収益化手法です。リスナーからの金銭的な支援を受けることで、パーソナリティはより良いコンテンツを制作するための環境を整えることができます。

さらに、企業を中心とした「チャンネルスポンサー」や、個別の放送を有料で販売する「有料放送」機能も収益化手法の一つです。

参照:6割のチャンネルが収益化を実現。Voicyパーソナリティエコノミー動向2023を発表。

Spotify

Spotifyは音楽ストリーミング配信サービスで、世界最大のシェアを持っています。このプラットフォームは、世界中の多くのユーザーが利用しており、幅広い音楽ジャンルを提供しています。また、Spotifyは単に音楽を再生するだけでなく、ポッドキャストも提供しています。

2021年には、Spotifyはクリエイター向けの新たな月額サブスクリプションサービスを開始しました。このサービスは、クリエイターが独自のコンテンツを配信し、ファンとのつながりを深めることを支援するものです。しかしながら、現時点ではこのサービスは日本で利用することはできません。

CAMPFIRE

CAMPFIREは、国内最大のクラウドファンディングプラットフォームです。このプラットフォームは、多岐にわたるジャンルのプロジェクトを扱っており、様々な分野で新たな挑戦が行われています。

CAMPFIREの魅力の一つは、低額から支援金額を設定できることです。これにより、少額の支援でも参加することができるため、より多くの人々が資金調達に参加することが可能となっています。また、支援者自身が投資家として活動することもできます。

このプラットフォームでは、毎日多くの新しいプロジェクトが公開されており、投資家は様々な案件から支援先を選ぶことができます。これにより、資金を集めるための可能性が広がり、支援金を集めやすくなっています。

FiNANCiE

FiNANCiE(フィナンシェ)は特殊な方式のクラウドファンディングプラットフォームです。このプラットフォームでは、サポーターは支援したいプロジェクトの「トークン」を購入することができます。このトークンは、コミュニティ内で経済的な価値を持ち、サポーターにもメリットがあります。

BASE

BASE(ベイス)は、登録料や月額利用料が不要なオンラインショッププラットフォームです。このプラットフォームを利用することで、商品やデジタルコンテンツの販売が可能となります。BASEの便利な機能の一つに、豊富なテンプレートを利用してショップデザインを簡単に作成することができる点があります。

BASEは初心者にも使いやすく、わかりやすい操作方法でショップの運営を始めることができます。

minne

minne(ミンネ)は手作り品に特化した販売プラットフォームです。手作り作品を販売したい作家の方にとって、minneは非常に有益な情報発信の場となっています。minneでは、写真撮影やSNS活用など販売に必要なノウハウを豊富に提供しており、作家向けの情報が充実しています。

商品販売について初めての方でも安心して利用できるよう、minneでは学びながら利用することが可能です。例えば、商品の撮影方法やラッピングアイデアなど、販売に役立つ知識を習得することができます。

また、minneでは作家向けのさまざまなサポートも行っています。リアルイベントや作家向けの勉強会など、販売を支援するための様々なイベントを開催しています。

FANME

「FANME(ファンミー)」はTORIHADAが提供するクリエイター向けマネタイズプラットフォームです。

FANMEは通常のリンクまとめサービスとは異なる点が魅力です。従来のリンクまとめサービスは、特定の形状のリンクしか設定できず、デザインも他の人と類似することがありました。

しかし、FANMEは「個性を表現できる高いカスタマイズ性」と「簡単なマネタイズと自己プロモーションツール」、「ファンとコミュニケーションをとりファン化を促進する機能」を搭載しております。次世代リンクまとめサービスとなっており、自分だけのリンクまとめサイトが誰でも簡単に構築できます。

fanme

クリエイターエコノミーの今後と企業のビジネス

クリエイターエコノミーは、インターネットの普及とデジタル化の進展により急速に成長し続けています。しかし、この新たなビジネス領域にはいくつかの課題も存在しています。一つ目の課題は、収益が一部のクリエイターに偏っていることです。有名人や注目されるクリエイターが市場を支配し、他のクリエイターの収益が低下するという現象が見られます。

また、プラットフォームの変更により収益が減少する事例もあります。例えば、あるプラットフォームが利用規約や報酬体系を変更した結果、一部のクリエイターは収入減少に直面することもあります。さらに、海外で利用されているプラットフォームを使う場合、著作権や権益関連の問題が複雑化する可能性もあります。

一方で、クリエイターエコノミーは企業にとってもビジネスのチャンスです。企業はクリエイターをサポートし、マネジメントすることで、新たなビジネスを生み出すことができます。企業は、クリエイターの才能やアイデアを活かし、共同でコンテンツや商品を製作することで、市場競争力を高めることができます。

企業は個人クリエイターへ協力することでクリエイターエコノミーをビジネスにつなげよう

本記事では、クリエイターエコノミーについて詳しくご紹介しました。企業は個人クリエイターとの協力関係を築くことで、クリエイターエコノミーをビジネスに活かすことができます。クリエイターとのコラボレーションや支援を通じて、新たな顧客層の獲得やブランドの魅力向上を目指しましょう。

クリエイターを起用したマーケティングをお考えの方は、株式会社TORIHADAにご相談ください。クリエイターを起用したマーケティングにおいて豊富な経験と実績を持っており、企業のニーズに合わせた効果的なマーケティング戦略の立案と実施をサポートします。

インフルエンサーマーケティングの依頼を考えている方へ

TORIHADAでは、インフルエンサーマーケティングの「企画」「制作」「運用」を全てワンストップで支援します。
また、所属/提携クリエイター700組を超える国内最大規模のTikTok MCN(PPP STUDIO)を子会社として構えており、他事務所とも幅広く提携があるため、多様な要望に応じてインフルエンサーのキャスティングも可能です。

\ ご相談無料! /

この記事を書いた人

TORIHADA POSTは、TikTok・YouTube・LINE VOOM・InstagramなどのSNSやインフルエンサーマーケティングに関する情報を発信していくサイトです。
SNSの最新情報やインフルエンサーのビジネス活用方法を多様な視点で提供していきます。

若井 映亮
株式会社TORIHADA CEO
【執筆実績】
・『ショートムービー・マーケティングTikTok が変えた打ち手の新常識』出版社:KADOKAWA (2021/12/22)
【メディア出演実績】
・TikTok にハマる理由 優秀なAI がユーザーを魅了する: 日経Biz Gate(2022/2/17)
・今さら聞けない バズる動画完全攻略セミナー:テレビ朝日 NEW ニューヨーク(2021/11/19放送)
・TikTokビジネス活用大全:新R25プレミアム講座

1989年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、サイバーエージェントに入社してアドテク事業の責任者を経験。2017年10月にTORIHADAを取締役として共同創業。2020年4月には、TikTok MCN PPP STUDIOを設立。2023年時点では、総勢700組のショートムービークリエイターを抱える日本最大規模のクリエイター事務所としてクリエイターサポートを行う。自身もフォロワー5万人を超えるクリエイターの1人として、ショートムービー・プラットフォームを活用し、クリエイター目線を持って活動のサポートを行う。2022年12月からTORIHADA POSTの運営を開始。
目次