TikTokerのキャスティングとは?企業がキャスティングを依頼する理由や注意点を解説

tiktokキャスティング
TikTokerのキャスティングを考えている方へ
  • インフルエンサーのキャスティングにかかる費用が知りたい
  • 自社の商品やサービスのPRに効果的なインフルエンサーが知りたい
  • より効果的な施策を打ちたい

上記のような悩みをお持ちの方は、ぜひTORIHADAにご相談ください。豊富な実績とクリエイター理解の深さが強みのTORIHADAが最適なクリエイターをキャスティングします。

\ ご相談無料! /

多くの企業では、インフルエンサーを活用した宣伝を行っています。SNSを活用した宣伝方法の中でも、TikTokでの宣伝が非常におすすめです。TikTokの宣伝を成功させるためには、相性の良いTikTokerをキャスティングする必要があります。

今回は、企業がTikTokerキャスティングをする理由や成功させるポイント、キャスティングする時の注意点について解説します。この記事を参考にすることで、TikTokerキャスティングを成功させられる可能性が高いです。

目次

TikTokerのキャスティングとは?

TikTokerのキャスティングとは、企業のブランディングや宣伝を目的にTikTokerを活用する方法のことです。TikTokには様々な投稿をしているTikTokerがいるため、自社商材やターゲットに合わせて依頼できるのが特徴です。

また、テレビやCMなどで活躍している有名人へ依頼するよりも、費用を抑えられることもあります。結果的に、高い費用対効果を期待できることも多いため、自社商材やターゲットによっては非常に有効な手段となります。

企業がTikTokerをキャスティングをする理由

企業がTikTokerをキャスティングをする理由は、以下の3つです。

  • TikTokのユーザー数が多く注目されているから
  • SNSの意見を参考にする人が増えているから
  • 他のSNSとの相性が良いから

これからインフルエンサーのキャスティングをしようと検討している場合には、企業がTikTokerキャスティングをする理由も理解しておきましょう。

TikTokのユーザー数が多く注目されているから

TikTokは、様々なSNSと比較しても非常に注目度の高いSNSです。TikTokの利用率は、1年で大幅に増加しており、以下の表から読み取ることができます。

引用:令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書 令和4年8月 総務省

例えば、20代のTikTokの利用率は、令和2年から令和3年度だけで17.9%も増加しています。全年代で比較しても、7.8%増加しているため、今後も利用率は増える可能性が高いです。

利用率が上昇傾向にあり、ユーザーから注目されているTikTokでキャスティングすることで、より多くのユーザーに訴求しやすくなります。

SNSの意見を参考にする人が増えているから

近年では、商品を購入する際に、SNSでの意見も参考にする人が増えています。PR TIMESの「SNSを介した購入経験に関する調査」によると、商品を購入する際にSNSを介するユーザーの割合は、全体の47%もいることがわかっています。

月に1回以上SNSで商品を見て購入しているのは全体の47%。10代、30代は50%超。購入の参考にするSNSアカウントの種類は「企業・ブランドの公式アカウント」が47.1%で最多。続いて「インフルエンサーのアカウント」が36.8%。SNS広告や友人・知人のアカウントは25%を下回る。

引用:THECOO、SNSを介した購入経験に関する調査を実施

特に、若年層はSNSを使い慣れており、日常的に使用している人も多いです。中でも、トレンドが定期的に変わる美容や洋服関係などは、SNSで発信した方が効果的に訴求できることも多いです。

他のSNSとの相性が良いから

TikTokは、他のSNSとの相性が良いです。YouTubeやInstagramなどとも連携できるため、TikTokから様々なSNSへの誘導が可能です。

例えば、TikTokでユーザーの興味を惹き、詳細はYouTubeで説明することもできます。SNS上で商品に対する理解を深めてもらうことができれば、商品の購入やサービスの申し込みもスムーズに行いやすくなります。

TikTokerのキャスティングを成功させるポイント

TikTokerのキャスティングを成功させるポイントは、以下の4つです。

  • 商材とTikTokerの相性を考える
  • TikTokerにも商材を利用してもらう
  • 動画内容を指摘しすぎない
  • キャスティング会社を利用する

TikTokerのキャスティングは、誰を選んでも良いわけではありません。自社商材との相性も非常に重要となるため、これからキャスティングを考えている方は事前に成功させるポイントを確認しておきましょう。

商材とTikTokerの相性を考える

TikTokのキャスティングを成功させるためには、商材とTikTokの相性を考えましょう。商材と相性が良くないTikTokerに依頼をしても、期待通りの効果は得られません。

例えば、普段から美容に関する内容を発信しているTikTokerに、キャンプ用品の宣伝を依頼しても反応を得られる可能性は低いです。商材とTikTokerの相性が良ければ、TikTok上でも投稿バズらせることができ、より多くのユーザーへの拡散も期待できます。

TikTokerにも商材を利用してもらう

TikTokerに商材を利用してもらうことも、キャスティングを成功させるポイントです。PR依頼をする際に、商材の概要だけを説明して訴求してもらっても、ユーザーに商材の良さが伝わりません。

TikTokerにも商材を利用してもらっているかどうかで、表現方法や訴求すべきポイントなどが大きく異なります。TikToker自身も、フォロワーに対してどのように訴求すれば効果が出やすいかを理解している可能性も高いため、しっかりと打ち合わせを行った上で宣伝してもらうことが大切です。

動画内容を指摘しすぎない

TikTokerをキャスティングする際には、動画の内容を指摘しすぎないことも大切です。PRを依頼する側としては、商材の良さを伝えたいがために、動画内容を指摘しすぎてしまうことがあります。しかし、動画内容を指摘しすぎると、本来のTikTokerの良さがなくなる可能性が高いです。

また、動画内容を指摘しすぎることによって、広告感の強い投稿になる恐れもあります。キャスティングを成功させるためには、重要な訴求ポイントだけを伝え、TikTokerにも自由度を持たせることが大切です。

キャスティング会社を利用する

TikTokのキャスティングを成功させるためには、キャスティング会社を利用するのもおすすめです。キャスティング会社では、要望に応じて適切なTikTokerをキャスティングしてもらうことが可能です。特に、TikTokerへの依頼が初めての場合には、キャスティング会社の利用をおすすめします。

キャスティング会社を利用するためには、依頼したい内容に最適なTikTokerが所属している会社や数多くの実績を持つキャスティング会社へ依頼しましょう。キャスティング会社を利用することで、商材と相性の良いTikTokerに依頼できる可能性が高いです。

株式会社TORIHADAはショートムービーマーケティングやインフルエンサーマーケティングを専門とする広告代理店であり、子会社には700組以上のクリエイターが所属する事務所「PPP STUDIO」を構えております。

インフルエンサーのキャスティングはぜひTORIHADAにご相談ください。

TikTokerのキャスティング会社に依頼するメリットとデメリット

TikTokerのキャスティング会社の利用を検討しているなら、依頼するメリットとデメリットを理解しておきましょう。TikTokerのキャスティング会社に依頼するメリットとデ メリットは、以下の表を参考にしてください。

TikTokerのキャスティング会社に依頼するメリットTikTokerのキャスティング会社に依頼するデメリット
キャスティングに手間や時間がかからない依頼費用がかかる
商材と相性の良いTikTokerへ依頼できるTikTokerと直接は交渉できない
炎上リスクを抑えられる

TikTokのキャスティング会社に依頼することで、キャスティングにかかる手間や時間を削減できます。また、初めてTikTokerを起用する場合でも、自社商材と相性の良いTikTokerに依頼できる可能性も高いことがメリットです。

デメリットとしては、キャスティング会社を利用すると費用がかかることが挙げられます。しかし、キャスティング会社を利用したことで相性の良いTikTokに依頼でき、大きなメリットを得られることを考えれば、費用対効果が高くなるケースが多いことも理解しておきましょう。

TikTokerのキャスティングをする時の注意点

TikTokerのキャスティングをする時の注意点は、以下の3つです。

  • ステマに注意する
  • TikTokと商材の相性も理解しておく
  • 炎上するリスクを理解しておく

TikTokerのキャスティングは、企業の宣伝方法として非常に有効な手段です。しかし、注意点を理解していなければ、思わぬトラブルに繋がる恐れもあることを理解しておきましょう。

ステマに注意する

TikTokerをキャスティングする際には、ステマに注意しましょう。ステマとは、ステルスマーケティングの略であり、広告であることを告げずに宣伝する手法のことです。

ステマを行うと、TikTokで炎上する恐れがあります。炎上してしまうと企業だけでなく、TikTokerにも迷惑がかかる可能性が高いです。ステマを防止するためにも、投稿前には何度も打ち合わせを行い、投稿内容をしっかりとすり合わせておくことが大切です。

TikTokと商材の相性も理解しておく

TikTokで宣伝する際には、TikTokerと商材との相性も理解しておくことが大切です。キャスティングしたTikTokerのフォロワーが興味のない内容の投稿をしても、期待通りの効果は得られません。

また、普段とは全く異なった投稿することで、TikTokのイメージダウンにも繋がる恐れがあるため注意しましょう。

炎上するリスクを理解しておく

TikTokerをキャスティングする際には、少なからず炎上するリスクがあることを理解しておきましょう。慎重に宣伝を行ったとしても、一部分だけ切り取られて、炎上に繋がるケースもあります。

一度炎上してしまうと、TikTokerにもマイナスイメージがつく可能性が高いです。商品の不買運動に発展することもあり、双方に損害が生じてしまうかもしれません。

炎上するリスクがあることを理解した上で、炎上させないための施策だけでなく、炎上後の対応についても事前に考えておくことが大切です。

TikTokerのキャスティングなら「TORIHADA」

自社商材と相性の良いTikTokerのキャスティングができれば、高い費用対効果での宣伝が可能です。商材によっては、期待以上の効果を得られるかもしれません。

TikTokerのキャスティングを検討しているなら、株式会社TORIHADAおすすめです。株式会社TORIHADAは、TikTokの運用代行サービスやPR案件などの実績があります。また、TikTok MCNであるPPP STUDIO(TORIHADAの子会社)には、約700名ものクリエイターが在籍しており、商材に最適なTikTokerをキャスティングすることも可能です。

この記事を書いた人

TORIHADA POSTは、TikTok・YouTube・LINE VOOM・InstagramなどのSNSやインフルエンサーマーケティングに関する情報を発信していくサイトです。
SNSの最新情報やインフルエンサーのビジネス活用方法を多様な視点で提供していきます。

若井 映亮
株式会社TORIHADA CEO
【執筆実績】
・『ショートムービー・マーケティングTikTok が変えた打ち手の新常識』出版社:KADOKAWA (2021/12/22)
【メディア出演実績】
・TikTok にハマる理由 優秀なAI がユーザーを魅了する: 日経Biz Gate(2022/2/17)
・今さら聞けない バズる動画完全攻略セミナー:テレビ朝日 NEW ニューヨーク(2021/11/19放送)
・TikTokビジネス活用大全:新R25プレミアム講座

1989年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、サイバーエージェントに入社してアドテク事業の責任者を経験。2017年10月にTORIHADAを取締役として共同創業。2020年4月には、TikTok MCN PPP STUDIOを設立。2023年時点では、総勢700組のショートムービークリエイターを抱える日本最大規模のクリエイター事務所としてクリエイターサポートを行う。自身もフォロワー5万人を超えるクリエイターの1人として、ショートムービー・プラットフォームを活用し、クリエイター目線を持って活動のサポートを行う。2022年12月からTORIHADA POSTの運営を開始。
目次