TikTokの宣伝効果とは?宣伝効果を最大化させるための施策や成功事例を紹介

TikTok 宣伝
TikTokマーケティングの依頼を考えている方へ
  • TikTokマーケティングの依頼はTORIHADAがおすすめ
  • 「企画」「制作」「運用」全てワンストップで支援可能
  • 多様な要望に応じてインフルエンサーのキャスティングも可能

TORIHADAには実績豊富なマーケターやプランナー、TikTokのアルゴリズムを解析するアナリストが在籍しており、より効果的な施策をご提案します!

\ ご相談無料!/

TikTokの宣伝効果は、自社でSNS運用する上で非常に大きなメリットとなります。TikTokで得られる宣伝効果は集客だけではありません。自社ブランディングに繋げ、固定ファンの獲得も期待できます。

今回は、TikTokの宣伝効果で得られるメリットや実際の成功事例について解説します。この記事を参考にすることで、自社商材をTikTokで宣伝する際にも、効果的な戦略で運用できるでしょう。

目次

TikTokの宣伝効果とは?

TikTokで得られる宣伝効果は、以下の5つです。

  • 自社のブランディング
  • 認知度の向上
  • ターゲット層にアプローチできる
  • バイラルマーケティングに繋がる
  • 海外のリード獲得

TikTokで宣伝することで、認知度の向上以外にも様々なメリットを得られます。自社ブランディングや海外のリード獲得にも繋がるため、TikTokで専念すべきかどうかを判断するためにも理解しておきましょう。

自社のブランディング

TikTokで宣伝を行うことで、自社ブランディングに繋がります。ブランディングとは、自社のブランドを形作るための活動のことです。ブランディングに成功すれば、イメージ向上にも繋がりやすく、リピーター獲得や売り上げ増加などを期待できます。

TikTokで自社ブランディングを行うためには、ユーザーとコミュニケーションを取ることが効果的です。TikTokは、ユーザーとコミュニケーションを図りやすいプラットフォームだからこそ、定期的にユーザーとコミュニケーションを重ねることで自社のファンを獲得しやすくなります。また、情報発信の際には消費者からどのように見られたいのかをイメージしたうえでコンテンツを作成するのがおすすめです。 

認知度の向上

TikTokで宣伝することで、認知度の向上も期待できます。 TikTokは拡散力が強いだけでなく、ユーザー同士でシェアもしやすいSNSです。動画を簡単に共有できることから、ユーザー同士の拡散にも繋がりやすく、企業から一方的に発信するよりも多くのユーザーに訴求できます。

また、TikTokには100万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーも数多く存在します。インフルエンサーは、自分自身のアカウントでブランドを宣伝することで、ターゲットに合わせて最適なアプローチが可能です。

ターゲット層にアプローチできる

TikTokで宣伝することで、ターゲット層にもアプローチしやすくなります。 中でも10〜20代の利用者は非常に多くターゲットを絞りやすいです。 ただ、近年では30代以降の利用者数も増加しているため、年齢以外の部分でも特徴を絞ることでより的確にターゲットにアプローチできます。

また、インフルエンサーを活用することも、ターゲット層にアプローチできるようになる方法の1つです。インフルエンサーは、一部のファンを獲得していることが多く、性別や年代などがバラバラのインフルエンサーは少ないです。そのため、自社のターゲット層に合ったフォロワーを獲得しているインフルエンサーに宣伝を依頼することで、高い訴求効果を期待できます。

バイラルマーケティングに繋がる

TikTokで宣伝することで、バイラルマーケティングに繋がるのもメリットです。バイラルマーケティングとは、ユーザーが広告や宣伝をシェアすることによって、広告主が広告を発信するよりも、多くの人にリーチできるマーケティング手法のことです。

ただし、バイラルマーケティングの注意点として、良質なコンテンツを作らなければ意味がないことが挙げられます。多くのユーザーに認知できても、コンテンツの質が悪ければ興味を惹けません。TikTokで宣伝する際には、バイラルマーケティングのことも踏まえた上でコンテンツの質を保ちましょう。

海外のリード獲得

TikTokによる宣伝は、海外のリード獲得にも繋がります。TikTokは日本だけでなく世界中で利用されており、合計で10億人以上のユーザーが利用しています。商材によっては、海外向けにアプローチした方が売り上げに繋げられる可能性も高いです。

海外のリードを獲得するためには、英語のテロップや海外で流行っている楽曲などを活用するのがおすすめです。

TikTokで宣伝効果を高める施策

TikTokで宣伝効果を高める施策としては、以下の3つが挙げられます。

  • インフルエンサーとコラボする
  • ハッシュタグキャンペーンを行う
  • 広告を出稿する

TikTokで宣伝効果を高めるポイントを理解しておくことで、効率的に宣伝活動を進められます。通常の運用だけでなく、コラボや広告も重要なポイントとなるため、事前に押さえておきましょう。

インフルエンサーとコラボする

インフルエンサーとのコラボも、TikTokで宣伝効果を高める施策としておすすめです。インフルエンサーは、フォロワーを多く抱えており、ターゲットとフォロワー属性が近い場合は多くのユーザーに効率的に宣伝することが可能です。ターゲットとのズレを起こさないためにも、自社の商品やサービスと相性の良いインフルエンサーとコラボすることが大切です。

株式会社TORIHADAでは、インフルエンサーのキャスティングを行っています。株式会社TORIHADAには、TikTok MCNであるPPP STUDIOに約700組のクリエーターが在籍しています。インフルエンサーが数多く所属していることから、様々なジャンルの商材でも相性の良いインフルエンサーに依頼できる可能性が高いです。

ハッシュタグキャンペーンを行う

TikTokの宣伝効果を高めるためには、ハッシュタグキャンペーンを活用しましょう。ハッシュタグとは、投稿の中にタグとしてキーワードを入れる機能のことです。ハッシュタグを活用することで、同じハッシュタグで検索したユーザーが、自分の投稿を検索できるようになります。

TikTokには、ハッシュタグキャンペーンがあります。ハッシュタグキャンペーンは、ハッシュタグを活用した広告の1つであり、インフルエンサーを巻き込むことで、認知拡大や口コミ収集などのメリットを得ることが可能です。

広告を出稿する

TikTokの宣伝効果を高めるためには、広告を出稿するのもおすすめです。TikTokで活用できる広告の種類は、以下の通りです。

  • インフィード広告
  • Top View
  • Branded Effect
  • One Day Max

広告で高い効果を得るためには、広告という印象を残さずに自然に視聴できる動画を作ることが大切です。ポイントさえ押さえておけばターゲットに効率的にアプローチできるため、広告も積極的に活用しましょう。

TikTokによる宣伝の成功事例

TikTokによる宣伝の成功事例としては、以下の2つを参考にしてください。

  • 1.ラクオリ | インフルエンサーコラボ
  • 2.BASE | 広告出稿

TikTokでの宣伝成功事例を理解しておくことで、自社が宣伝する際にも過去の事例を活用できます。成功事例だけでなく、成功した理由や工夫の仕方なども押さえておきましょう。

1.ラクオリ | インフルエンサーコラボ

ラクオリは、インフルエンサーコラボによって認知度拡大と購入促進を成功させた宣伝の成功事例です。二重まぶたを作る商品を、あるある動画をもとに発信してもらったことで、PR色を払拭しながら、ユーザーの共感を生みました。また、TikTokの特徴でもあるユーザー同士の掛け合いによって、さらなる信頼度もアップにも繋げています。

詳しくはこちら

2.BASE | 広告出稿

BASEは、ファミリーやカップル系インフルエンサーに宣伝を依頼したことで、認知度拡大に加えて新規顧客の獲得に成功しました。BASEとは、ネットショップが誰でも作成できるサービスのことです。同時期に検証配信していたディスプレイ広告よりも、約2倍のCV数を獲得することにも成功しています。よりクリエイティブな広告動画を作成したため、広告色を抑えられたのが成功の要因です。

詳しくはこちら

TikTokで宣伝する際のポイント

TikTokで宣伝する際のポイントは、以下の3つです。

  • TikTokのコミュニティガイドラインに違反しないこと
  • TikTokの広告形式に合わせてコンテンツを作成する
  • ハッシュタグを適切に使用する
  • ノウハウのある企業に委託する

TikTokで宣伝する際には、上記のポイントを理解しておくことで効果的にアプローチできる可能性が高いです。宣伝する際のポイントを理解していなければ、時間や費用を無駄にかけてしまう恐れがあるため注意しましょう。

TikTokのコミュニティガイドラインに違反しないこと

TikTokのコミュニティガイドラインには、違反しないように注意しましょう。TikTokでは、ユーザーの安全を保護するために、コミュニティガイドラインを設けています。コミュニティガイドラインには、暴力的、攻撃的、差別的、セクシュアルな表現を含むコンテンツを禁止する旨が記載されています。

また、コミュニティガイドラインを守ることで、法的なトラブルも回避できるのもメリットです。個人情報やプライバシー侵害、著作権侵害なども未然に対策した上で宣伝しましょう。

TikTokの広告形式に合わせてコンテンツを作成する

TikTok広告を活用する際には、プラットフォームの広告形式に合わせてコンテンツを作成することが大切です。広告によって特徴が異なるため、最適なコンテンツの内容も異なります。

広告別のコンテンツ作成について理解したい場合には、広告代行会社を活用しましょう。広告代行会社へ依頼することで、プロの視点から様々な意見をもらえる可能性が高いです。

ハッシュタグを適切に使用する

TikTokで宣伝する際には、ハッシュタグも活用しましょう。ハッシュタグを活用することで、検索だけでなく、トレンドにも乗りやすくなります。トレンドに合わせたハッシュタグを活用すれば、ユーザーからの注目度も高められる可能性が高いです。

ノウハウのある企業に委託する

ノウハウのある企業に委託することで、TikTokの宣伝効果を高められる可能性が高いです。ノウハウのある企業であれば、反応率を高めるコンテンツの作成やインフルエンサーキャスティングなども依頼できます。

もちろん、委託料がかかる場合がほとんどです。しかし、自社にノウハウがなければ、効果が出るまでに多くの時間を必要とします。さらに、様々な施策に時間やお金をかけても全く効果が出ずに、費用対効果が悪くなる恐れもあるため注意しましょう。

TikTokの宣伝効果を最大限に発揮したいなら

TikTokを活用して上手に宣伝できるかどうかで、自社の認知度やリピーター獲得に大きな差が出ます。今回解説した内容も重要ですが、TikTokの宣伝効果を最大限に発揮したいなら、SNS運用の代行会社へ依頼しましょう。SNS運用代行会社とは、自社の代わりにSNSの運用を代行してくれるサービスのことです。


SNS運用代行会社の利用を検討しているなら、株式会社TORIHADAへご相談ください。株式会社TORIHADAでは、SNS運用からPR投稿案件など幅広く請け負った実績があります。商品やサービスに合わせて最適な提案ができるため、利用を検討している場合には一度相談してみることをおすすめします。

TikTokマーケティングのお問い合わせはTORIHADAへ

TikTokを活用したマーケティング施策でお困りの際は、TORIHADAまでご相談ください。コンテンツの企画制作、施策のKPI設計とPDCAの実行まで、一貫してサポートいたします。

また、700人以上のクリエイターやインフルエンサーが所属する「PPP STUDIO」から、お客様に適した人材のキャスティングも可能です。

「TikTokの運用のやり方が分からない」「思うような成果が出ない」「インフルエンサーマーケティングをやってみたい」など、ノウハウや実績に基づきお客様の課題や要望に沿って最適なプランをご提案します。

この記事を書いた人

TORIHADA POSTは、TikTok・YouTube・LINE VOOM・InstagramなどのSNSやインフルエンサーマーケティングに関する情報を発信していくサイトです。
SNSの最新情報やインフルエンサーのビジネス活用方法を多様な視点で提供していきます。

若井 映亮
株式会社TORIHADA CEO
【執筆実績】
・『ショートムービー・マーケティングTikTok が変えた打ち手の新常識』出版社:KADOKAWA (2021/12/22)
【メディア出演実績】
・TikTok にハマる理由 優秀なAI がユーザーを魅了する: 日経Biz Gate(2022/2/17)
・今さら聞けない バズる動画完全攻略セミナー:テレビ朝日 NEW ニューヨーク(2021/11/19放送)
・TikTokビジネス活用大全:新R25プレミアム講座

1989年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、サイバーエージェントに入社してアドテク事業の責任者を経験。2017年10月にTORIHADAを取締役として共同創業。2020年4月には、TikTok MCN PPP STUDIOを設立。2023年時点では、総勢700組のショートムービークリエイターを抱える日本最大規模のクリエイター事務所としてクリエイターサポートを行う。自身もフォロワー5万人を超えるクリエイターの1人として、ショートムービー・プラットフォームを活用し、クリエイター目線を持って活動のサポートを行う。2022年12月からTORIHADA POSTの運営を開始。
目次