YouTubeの解析とは?解析ツールでできることやおすすめのツールも解説

youtube 解析

YouTube運営を成功させるためには、適切な解析ができるかどうかが非常に大切です。YouTube市場は競合が増えており、適当に動画を投稿しただけでは伸びる可能性は低いです。市場や競合分析した上で動画投稿を繰り返し、ユーザーニーズを満たす動画を作り上げることで徐々に固定ファンを獲得できます。

今回はYouTubeの解析ツールでできることやおすすめの解析ツールについても解説します。この記事を参考にすれば、YouTube解析の重要性を理解でき、自分自身に最適な解析ツールを見つけやすくなります。

目次

YouTubeの解析とは?

YouTubeの解析とは、様々なデータに基づいてYouTubeの再生回数やチャンネル登録者を増やすために分析することです。YouTubeの解析では自社で運用しているチャンネルや動画を「誰が・どこから・どのぐらいの時間」で視聴しているのかを把握することが大切です。

例えば、投稿した動画の視聴者の多くが女性であり、20時前後に見られているのであれば、女性向けの動画を20時前後に投稿した方が、再生回数が上がりやすくなります。反対に、10代で夕方頃に視聴されているなら、夜遅くに投稿しても視聴される可能性は低いです。

他にもサムネイルクリック率や視聴維持率、年齢、性別などを解析することで戦略設計にも役立てられます。

YouTubeの解析ツールでできる4つのこと

YouTubeの解析ツールでできることとしては、下記4つが挙げられます。

  • 自社チャンネルの解析
  • 競合他社チャンネルの解析
  • YouTube SEOの解析
  • ジャンルやターゲット解析

YouTubeの解析ツールでは、投稿した動画だけを解析できるわけではありません。競合他社チャンネルやYouTube SEO、ジャンルやターゲットも解析できるため、上手に活用することでYouTube運用を効率的に進めやすくなります。

自社チャンネルの解析

YouTube解析ツールの最も一般的な使い方としては、自社チャンネルの解析が挙げられます。YouTube解析ツールでの自社チャンネル解析では、インプレッション数やクリック率、トラフィックソースなども解析可能です。また、自社チャンネルの解析結果を有効活用するためには「目標達成のために何を伸ばすべきなのか」を考えることが大切です。

例えば、再生数が伸びない場合にはインプレッション数が低い可能性があります。インプレッション数は高いのに再生されていないなら、クリック率が低い可能性が高く、サムネを改善すべきだと考えられます。

目的によってどの数値を上げるべきなのかを理解することで、効果的なチャンネル運用が可能です。

競合他社チャンネルの解析

YouTube解析ツールでは、競合他社チャンネルの解析も可能です。競合他社チャンネルを解析する際にも、自社チャンネルと同じような内容を解析できます。

競合他社チャンネルを解析する際には、自社チャンネルの数値と比較しながら分析することが大切です。例えば、競合他社チャンネルの方が視聴維持率が高い場合、動画内で視聴維持率が上がる工夫をしている可能性が高いと考えられます。

競合他社チャンネルと比較して、どの部分が劣っておりどの部分が優れているのかを比較することで、自社チャンネルの改善点を見つけやすくなります。

YouTube SEOの解析

YouTubeの解析ツールによっては、YouTube SEOの解析も可能です。YouTube SEOとは、YouTube上の検索結果において、上位に表示させるための施策のことです。YouTube SEOを最適化することで動画が上位に表示されやすくなり、結果的に再生回数の上昇に繋がります。

狙っているキーワードで検索しても上位表示されない場合は、タイトルや概要欄、タグにキーワードを盛り込みましょう。また、視聴維持率やコメント数、高評価数などもYouTube SEOに影響すると考えられているため意識して運用することをおすすめします。

ジャンルやターゲット解析

YouTubeの解析ツールではジャンルやターゲット、トレンド解析も可能です。伸びているジャンルを解析することで、すでに競合が多いジャンルで勝負するよりも視聴される可能性が高まります。

また、トレンドを解析して自身の動画に取り込むのもおすすめです。過去のYouTubeのトレンドとしては、長期間のチャレンジ動画やモーニングルーティーンなどが挙げられます。

YouTube カルチャー & トレンドレポートを公開」でも、YouTubeのトレンドについて発表されています。以下は、過去のトレンドであった「リアルタイム性」関する内容です。

東海オンエアさんは 48 時間ウォーキングマシンを交代で歩き続けサンシャイン池崎さんは「ジャスティス」を1 万回叫びました。どちらのライブ配信も、達成の瞬間にたくさんの視聴者と感動を分かち合いました。
引用:YouTube カルチャー & トレンドレポートを公開

トレンドに沿った投稿をすることで関連動画やおすすめ動画に掲載される可能性も高まり、再生回数を上昇させやすくなります。

YouTubeでおすすめの解析ツール3選

YouTubeでおすすめの解析ツールは、下記の3つです。

  • YouTubeアナリティクス
  • vidIQ
  • AZTECA

YouTube解析ツールの中には、無料で利用できるのと有料のものがあります。解析ツールによって特徴や利用するメリットは異なるため、目的に合わせて最適なものを利用しましょう。

YouTubeアナリティクス

YouTubeアナリティクスは、YouTube解析ツールの中で最も一般的な解析ツールです。YouTubeチャンネルを開設したユーザーなら全員が利用できます。YouTubeの公式が提供している解析ツールのため、数字の信憑性も非常に高いです。

YouTubeアナリティクスでは大きく分けて下記のような指標を解析できます。

  • 概要
  • コンテンツ(チャンネル単位)
  • リーチ(動画単位)
  • エンゲージメント(動画単位)
  • 視聴者
  • 収益
  • リサーチ(チャンネル単位)

また、YouTubeアナリティクスは無料で利用可能です。基本的な分析に必要な数値はほとんど解析できるため、初めて利用する方はYouTubeアナリティクスから活用してみましょう。

vidIQ

vidIQとは、YouTubeが公認している解析ツールであり、ブラウザの拡張機能として利用できます。vidIQを利用する最大のメリットは、YouTube SEO独自の評価基準で点数が付けられることです。点数が高ければ高いほど上位表示されやすくなります。

また、点数で評価されているため対策すべきかどうかも非常にわかりやすいです。無料で利用でき簡単に追加できるため、YouTubeアナリティクスと併用することをおすすめします。

AZTECA

3つ目のYouTube解析ツールとしては、AZTECAが挙げられます。AZTECAは、YouTube SEOに特化した分析ツールであり、上位20までの検索結果を分析できます。

AZTECAは有料のサービスですが、基本的には無料で利用可能です。有料プランを利用したとしても、月額500円で利用できるため金銭的な負担は少ないため、必要であれば活用してみましょう。また、IDと検索キーワードを保存すれば毎日自動で順位結果が記録されるため、解析における手間を減らすことも可能です。

YouTube解析によって再生回数を上げる2つのコツ

YouTube解析によって再生回数を上げるコツとしては、下記2つが挙げられます。

  • タイトルやサムネを改善する
  • 視聴ユーザーが多い時間帯に投稿する

YouTube解析をして再生回数を上げるためには、上記のような対策をするのが一般的です。状況によって対策法は異なりますが、意外と意識できていない部分でもあるため必ず確認しておきましょう。

タイトルやサムネを改善する

YouTube解析によって再生回数を上げるためには、タイトルやサムネイルを改善することが大切です。タイトルは、視聴者に動画をわかりやすく伝えるだけでなく、キーワードを盛り込むことでYouTube SEOにも効果を期待できます。

また、動画のクリック率を上げるためには、興味を惹くサムネを作れているかどうかも重要です。動画の内容がいくら良くても、サムネで興味を惹けなければ飛ばされてしまいます。サムネを作る際には重要部分を大きく記載し、簡潔に動画の内容を説明しましょう。

視聴ユーザーが多い時間帯に投稿する

YouTube解析によって再生回数を上げるためには、ユーザーが多い時間帯に動画を投稿しましょう。YouTube上にターゲットとなるユーザがほとんどいない時間帯で投稿しても、視聴される可能性は低いです。YouTubeユーザーがプラットフォームに滞在している時間としては、19時から24時が最も多いと言われています。

例えば、会社員をターゲットにする場合、お昼休憩の時間や帰宅後、就寝前などがおすすめです。ターゲット層が絞れているなら、ターゲット層に合わせた時間に投稿しましょう。生活スタイルを予測し解析を繰り返すことで、最適な投稿時間を判断しやすくなります。

YouTube解析をして効率的にチャンネルを伸ばそう

YouTube運用を効率的に進めるためには、解析が非常に大切です。「どの数値が低く」「どこで視聴者が離脱しているのか」などを考えれば改善点が明確になります。

ただし、YouTube解析をしただけで満足していては高い効果を得られません。YouTube解析をした上で改善改良を繰り返しながら、適切な戦略を立てることが大切です。競合他社チャンネルの分析も行いブルーオーシャンとなっている市場を狙うことで、YouTube運用を成功させやすくなります。

TikTokマーケティングのお問い合わせはTORIHADAへ

TikTokを活用したマーケティング施策でお困りの際は、TORIHADAまでご相談ください。コンテンツの企画制作、施策のKPI設計とPDCAの実行まで、一貫してサポートいたします。

また、700人以上のクリエイターやインフルエンサーが所属する「PPP STUDIO」から、お客様に適した人材のキャスティングも可能です。

「TikTokの運用のやり方が分からない」「思うような成果が出ない」「インフルエンサーマーケティングをやってみたい」など、ノウハウや実績に基づきお客様の課題や要望に沿って最適なプランをご提案します。

この記事を書いた人

TORIHADA POSTは、TikTok・YouTube・LINE VOOM・InstagramなどのSNSやインフルエンサーマーケティングに関する情報を発信していくサイトです。
SNSの最新情報やインフルエンサーのビジネス活用方法を多様な視点で提供していきます。

若井 映亮
株式会社TORIHADA CEO
【執筆実績】
・『ショートムービー・マーケティングTikTok が変えた打ち手の新常識』出版社:KADOKAWA (2021/12/22)
【メディア出演実績】
・TikTok にハマる理由 優秀なAI がユーザーを魅了する: 日経Biz Gate(2022/2/17)
・今さら聞けない バズる動画完全攻略セミナー:テレビ朝日 NEW ニューヨーク(2021/11/19放送)
・TikTokビジネス活用大全:新R25プレミアム講座

1989年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、サイバーエージェントに入社してアドテク事業の責任者を経験。2017年10月にTORIHADAを取締役として共同創業。2020年4月には、TikTok MCN PPP STUDIOを設立。2023年時点では、総勢700組のショートムービークリエイターを抱える日本最大規模のクリエイター事務所としてクリエイターサポートを行う。自身もフォロワー5万人を超えるクリエイターの1人として、ショートムービー・プラットフォームを活用し、クリエイター目線を持って活動のサポートを行う。2022年12月からTORIHADA POSTの運営を開始。
目次