YouTubeの動画を拡散する方法|拡散されやすい動画のポイントや注意点を解説

YouTube 拡散

YouTubeは無料で動画を投稿できるプラットフォームであり、世界中に利用者が存在する人気サービスです。

近年、拡散力が強い背景から面白い動画を投稿するだけでなく、企業のマーケティング手法として活用される機会が増えました。しかし、実際にYouTubeに触れたことのない方は、拡散力がどれほどであるのかイメージすることは難しいかもしれません。

そこで、本記事ではYouTubeがどれくらいの拡散力があるのかを説明したうえで、動画を投稿するメリットやコンテンツを拡散するためのポイントについても紹介します。

目次

YouTube動画は拡散されやすい?

YouTube動画は拡散されやすく、アルゴリズムや登録者、高評価数次第では、不特定多数のユーザーにコンテンツを届けることができます。

InstagramやTwitterなどのSNSと比較しても、拡散力は高い傾向にあるため、企業や商品をアピールするには適切な媒体の一つです。YouTube動画を拡散するメリットは多く、近年は様々な企業も参入しているため、まだ利用していない場合は活用を検討してみましょう。

YouTube動画で情報をを拡散するメリット

YouTubeで動画を拡散するメリットは以下の通りです。

  • 拡散力が強く広告コストを抑えられる
  • 効果的なブランディングがしやすい

拡散やブランディングは企業の売り上げを拡大するうえで重要な項目であるため、有効活用できるようYoutubeを活用するメリットを確認していきましょう。

拡散力が強く広告コストを抑えられる

YouTubeで動画を拡散することで、広告コストの削減に繋がるメリットがあります。YouTubeのアカウント開設は無料で行うことができ、コストをかけずとも企業や商品のPRが可能です。

また、拡散力が強いため、コストパフォーマンスが高いのも特徴です。ただし、集客に繋げたい場合は良質なコンテンツやアルゴリズムを理解した施策の実行が必要です。

効果的なブランディングがしやすい

YouTubeはユーザーが動画に対して高い評価をすることで拡散される仕組みです。拡散されるということは、ユーザーからの好意的な行為によるものとなるため企業ブランディングもしやすくなります。

動画に高評価や良質なコメントが付くと、はじめて自社コンテンツを見るユーザーに対してプラスのイメージを与えることができ、ファンの獲得にも繋がります。ただし、炎上した際は悪い意味で拡散され、マイナスの印象が多くのユーザーに根付いてしまうため注意が必要です。

YouTubeで拡散されやすい動画を作成するポイント

YouTubeで拡散されやすい動画を作成するポイントは以下の通りです。

  • ターゲットを明確にする
  • 広告感を無くす
  • トレンドを意識した動画を作成する

ポイントを意識するだけで拡散力は大きく変化するため、それぞれを施策に取り入れてみましょう。以下で拡散されやすい動画を作成するポイントについて解説します。

ターゲットを明確にする

ユーザーに対して効果的な訴求をするためには、コンテンツを届けるターゲットを明確にすることが大切です。ターゲットを明確にしてから動画作成に臨むと、ひとつの軸に合わせてコンテンツを考案できるため、構造や品質は向上します。

YouTubeで拡散されやすくなり、不特定多数のユーザーに対して訴求ができるようになります。一方で、多くの人に届けたいと思えば思うほど、誰にも届かない動画となってしまう恐れがあるため、一部のユーザーへの訴求軸を設定することが重要です。

広告感を無くす

情報を宣伝しようとしすぎると広告感が強くなってしまい、ユーザーが不快感や不信感を抱くことにつながるため注意が必要です。

広告感が強い動画はユーザーから避けられやすく拡散されづらいコンテンツであるため、できる限り広告感は薄める必要があります。宣伝を目的とするのではなく、ユーザーのニーズを満たすことを考えることが大切です。

トレンドを意識した動画を作成する

YouTubeには、ほかのSNSと同様にトレンドがあり、意識したコンテンツを公開することで拡散に繋がります。過去にあった具体的なトレンド動画には「モーニングルーティーン」や「メントスコーラ」などが挙げられ、数多くの動画投稿者がトレンドを意識したコンテンツを投稿していました。

トレンド動画を作成すると他の動画の関連動画に表示されやすくなるため、拡散される可能性が高くなる仕組みです。トレンドには積極的に乗っかり、動画の拡散に繋がることで、企業や商品の認知拡大につなげましょう。

YouTube動画を拡散する方法

YouTube動画を拡散する方法は以下の通りです。

  • YouTubeのアルゴリズムを理解する
  • インフルエンサーとコラボする
  • 他のSNSも併用する

YouTubeはコンテンツを拡散させる方法を知ることが大切です。それぞれの方法におけるポイントや注意点について見ていきましょう。

YouTubeのアルゴリズムを理解する

YouTubeのアルゴリズムを理解することで、YouTube動画を拡散しやすくなります。正式には公開されていませんが、多くのユーザーによりアルゴリズムがどんな仕組みであるのかある程度は明らかになっています。

誰でも利用できる機能をうまく活用できれば、YouTubeのアルゴリズムからも高い評価をもらいやすくなり、コンテンツの拡散に繋がるでしょう。アルゴリズムを理解したうえで施策を考えることが、効率良く商品の認知拡大や販促を実現します。

インフルエンサーとコラボする

インフルエンサーとコラボすることで、YouTube動画が拡散されやすくなります。認知されていないユーザーに自社の存在を知ってもらう機会となり、新たな顧客を獲得できるチャンスです。

コラボするためにはインフルエンサー事務所やインフルエンサーキャスティング会社へ依頼するなどの方法があります。ただし、コラボするインフルエンサーは、自社の雰囲気とマッチする人でないと、成果が得られない点に注意が必要です。

他のSNSも併用する

YouTubeという媒体を活用するだけでなく、ほかのSNSを併用することで、さらに高い拡散力が期待できます。YouTubeと併用するSNSとしては、TikTokがおすすめです。TikTokとはショートムービーを投稿する媒体であり、拡散力も高い傾向にあります。

各媒体への誘導の導線設計を作ることで、数多くのユーザーに対して自社や商品の存在をアピールできます。TikTokを同時に伸ばしたいと考えている方は、株式会社TORIHADAのサービスの利用をおすすめします。

株式会社TORIHADAは日本で初めてTikTokマーケティングを始めた会社です。そのため実績やノウハウを活かして、TikTokで認知拡大や売上向上を実現するためのサポートが可能です。

YouTubeの動画を拡散する際の注意点

YouTubeの動画を拡散する際は以下の注意点に気を付ける必要があります。

  • 炎上する可能性がある
  • 完全には削除できないこと

YouTubeを有効活用するために注意点を確認していきましょう。

炎上する可能性がある

YouTubeに動画を投稿することで、炎上するリスクがあります。炎上してしまうと企業全体のイメージダウンに繋がり、売上の低下も予想されるため注意が必要です。

また、拡散力の強いYouTubeは不特定多数のユーザーの目に入ってしまうため、炎上は大きな損害となるのは間違いありません。過去の炎上動画なども確認したうえで、細心の注意を払いましょう。

完全に削除できないことを理解する

YouTubeで拡散されたどうは完全に削除できないことを理解しておく必要があります。何かの問題によってチャンネルの動画を削除したとしても、ユーザーがダウンロードして再アップする可能性があります。

インターネット上に一度アップしたコンテンツを削除することは難しいため、動画を公開する際は何か問題がないかの入念なチェックが大切です。企業イメージを保ちながら効果的な宣伝をするためにも、動画上の発言や行動には細心の注意を払わなければなりません。

YouTube動画の拡散は高い宣伝効果を生む

YouTubeは無料で動画を投稿できるプラットフォームであり、数多くのユーザーが利用するサービスでもあります。

近年は、マーケティング手法のひとつとして活用される機会が増え、多くの企業が参入しています。まだYouTubeを活用していない方は、炎上のリスクを意識しつつ取り組みを進めてみましょう。

YouTubeでも、短い動画で効率的にユーザーに訴求できるショートムービーを取り入れたい方は、株式会社TORIHADAへご相談ください。PPP STUDIO」に所属するクリエイターによってより獲得効率の高いクリエイティブの作成が可能です。

TikTokマーケティングのお問い合わせはTORIHADAへ

TikTokを活用したマーケティング施策でお困りの際は、TORIHADAまでご相談ください。コンテンツの企画制作、施策のKPI設計とPDCAの実行まで、一貫してサポートいたします。

また、700人以上のクリエイターやインフルエンサーが所属する「PPP STUDIO」から、お客様に適した人材のキャスティングも可能です。

「TikTokの運用のやり方が分からない」「思うような成果が出ない」「インフルエンサーマーケティングをやってみたい」など、ノウハウや実績に基づきお客様の課題や要望に沿って最適なプランをご提案します。

この記事を書いた人

TORIHADA POSTは、TikTok・YouTube・LINE VOOM・InstagramなどのSNSやインフルエンサーマーケティングに関する情報を発信していくサイトです。
SNSの最新情報やインフルエンサーのビジネス活用方法を多様な視点で提供していきます。

若井 映亮
株式会社TORIHADA CEO
【執筆実績】
・『ショートムービー・マーケティングTikTok が変えた打ち手の新常識』出版社:KADOKAWA (2021/12/22)
【メディア出演実績】
・TikTok にハマる理由 優秀なAI がユーザーを魅了する: 日経Biz Gate(2022/2/17)
・今さら聞けない バズる動画完全攻略セミナー:テレビ朝日 NEW ニューヨーク(2021/11/19放送)
・TikTokビジネス活用大全:新R25プレミアム講座

1989年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、サイバーエージェントに入社してアドテク事業の責任者を経験。2017年10月にTORIHADAを取締役として共同創業。2020年4月には、TikTok MCN PPP STUDIOを設立。2023年時点では、総勢700組のショートムービークリエイターを抱える日本最大規模のクリエイター事務所としてクリエイターサポートを行う。自身もフォロワー5万人を超えるクリエイターの1人として、ショートムービー・プラットフォームを活用し、クリエイター目線を持って活動のサポートを行う。2022年12月からTORIHADA POSTの運営を開始。
目次