TikTok売れとは?売れる仕組みや成功事例を紹介

TikTok売れ
TikTokマーケティングの依頼を考えている方へ
  • TikTokマーケティングの依頼はTORIHADAがおすすめ
  • 「企画」「制作」「運用」全てワンストップで支援可能
  • 多様な要望に応じてインフルエンサーのキャスティングも可能

TORIHADAには実績豊富なマーケターやプランナー、TikTokのアルゴリズムを解析するアナリストが在籍しており、より効果的な施策をご提案します!

\ ご相談無料!/

TikTokは短い動画を見て楽しむプラットフォームであり多くのユーザーがいます。今では代表的なSNSの1つともいえるTikTokですが、企業のマーケティングツールとしても活用されてきているのが現状です。

本記事では、TikTokを活用して商品やサービスの売上を爆発的に伸ばした「TikTok売れ」という現象について解説していきます。

目次

TikTok売れとは?

「TikTok売れ」とは、TikTok上での動画内で紹介された商品が多くのユーザーに拡散され爆発的に売れる現象のことです。

お菓子や飲料物、雑貨、コスメなどの消費財から高級車や高級旅館といった高級品まで、さまざまな消費の起点になっています。

2021年に日経トレンディが選んだヒット商品ベスト30の中で「TikTok売れ」というキーワードが1位を獲得しました。これは企業にとってTikTokが重要な集客ツールとなり得ることが証明されたともいえるでしょう。

TikTok売れの仕組み

TikTok売れの仕組みは以下のようになっています。

  1. 商品の認知
  2. インフルエンサーが商品を体験しているコンテンツを確認
  3. クチコミの調査
  4. 商品購入

TikTokではアルゴリズム上、自身の興味に沿って動画が流れてきます。そのため、TikTokで紹介する商品やサービスは、視聴者に興味を引きやすいケースが多いです。

参照:株式会社TORIHADA「TikTokをきっかけとする商品 / サービスの購買行動調査」

実際、2021年に株式会社TORIHADAがTikTokを利用している10~50代までの男女1,035名を対象に行った「TikTokをきっかけとする商品 / サービスの購買行動調査」では、3人に1人がTikTokきっかけで購買の経験がある、と回答しています。

つまり、TikTokを経由してモノを買う仕組みは幅広い層の購買活動に大きな影響を与えていることがわかります。

TikTokのアルゴリズムに関して以下の関連記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

TikTokで商品やサービスを売る3つのメリット

TikTokで商品やサービスを売るメリットとして下記の3つがあります。

  • エンゲージメント率が高い
  • コストパフォーマンスが高い
  • コンテンツが拡散されやすい

「他のSNSで商品やサービスを紹介しても購買効果があまり感じられないが、TikTokでは高い効果があった」と実感した人は少なくないでしょう。

なぜTikTokを利用すると購買効果が高いのか、その理由は上記の3つのメリットが関係しています。以下で詳しく解説していきます。

エンゲージメント率が高い

TikTokを活用するメリットの1つ目は、「エンゲージメント率が高い」ことです。エンゲージメント率とは、投稿に対して「いいね」や「コメント」、「保存」などの何らかのアクションを起こしたユーザーの割合のことを指します。

インフルエンサー・マーケティング会社であるCreatorIQが2020年〜2021年に行った調査によると、Instagramの平均エンゲージメント率は0.35%であるのに対して、TikTokの平均エンゲージメント率は11.83%と高い数字を出しています。

エンゲージメント率が高いと拡散されやすくなるため、効果的に商品やサービスの宣伝を行うことが可能です。

コストパフォーマンスが高い

TikTokを活用するメリットの2つ目は、「コストパフォーマンスが高い」ことです。

TikTokは有料で広告運用する機能もありますが基本無料で利用できるうえ、不特定多数のユーザーに商品やサービスの訴求が可能です。そのため、コストパフォーマンスの優れた広告手段だといえるでしょう。

しかし、ある程度質の良い動画でなければユーザーからいいねやコメントもらうことできず、再生回数を伸ばすことは厳しくなります。

動画制作でつまずいている場合は、アカウントの運用代行や動画の外注をしてみるのもおすすめです。

株式会社TORIHADAでは、アカウント運用代行、動画制作、インフルエンサーマーケティングといった動画広告における全ての支援を行っております。ご興味がある方はぜひお問い合わせください。

コンテンツ(動画)が拡散されやすい

TikTokを活用するメリットの3つ目は、「コンテンツ(動画)が拡散されやすい」ことです。

YouTubeやInstagramなどのSNSはフォロワー数が多くいないとコンテンツの拡散がされにくい傾向にあります。

一方で、TikTokはアルゴリズムの性質上、アカウントを開設したばかりでフォロワーが少ない情報であっても十分にコンテンツを拡散できる可能性があります。

TikTokのバズる方法(=いいねやコメントを通して動画が拡散されること)に関して以下の関連記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

TikTokで商品やサービスを売る2つのデメリット

TikTokで商品やサービスを売る際のデメリットとして下記の2つがあります。

  • 売上に直結する施策がとりにくい
  • 炎上するリスクがある

TikTokで商品やサービスの訴求をする場合は、施策打ちが重要となります。また、炎上のリスクも考える必要があります。

以下で施策打ちと炎上リスクについて解説していきます。

売上に直結する施策がとりにくい

TikTokを活用するデメリットの1つ目は、「売上に直結する施策がとりにくい」ことです。

TikTokは商品やサービスの認知を拡大させることを得意としている一方で、ユーザーとの距離が近いためビジネス感の薄いプラットフォームであり、すぐに売上につながるとは限りません。

そのため、商品やサービスの販促をするためには他のSNSやWebサイトにユーザーを誘導する導線設計が重要となります。

炎上するリスクがある

TikTokを活用するデメリットの2つ目は、「炎上するリスクがある」ことです。これはTikTokに限らず、他のSNSでもいえます。

炎上すると企業価値が低下する恐れがあるため注意しましょう。

コンテンツを投稿する際は、入念に確認することが重要になります。

TikTok売れを実現する方法

TikTok売れを上手く実現させる方法として下記の3つがあります。

  • 自社アカウントでの情報発信
  • インフルエンサーマーケティングの実施
  • TikTok広告の活用

それぞれの方法を以下で詳しく解説していきます。

自社アカウントでの情報発信

TikTok売れを実現させる1つ目の方法は、「自社アカウントでの情報発信」です。

TikTokには個人アカウントとビジネスアカウントがあり、ビジネスアカウントを設定するとインサイト機能が利用できます。

インサイト機能では下記項目を分析することが可能です。

  • プロフィールの表示回数
  • リーチ数
  • 再生回数
  • いいね数
  • シェア数
  • セーブ数
  • フォロワー数
  • トラフィックソース

インサイト機能を用いて分析することで、ユーザーがどのようなコンテンツを求めているのかを把握できます。

また、コンテンツをバズらせるための鍵にもなるでしょう。

ビジネスアカウントの設定方法やインサイト機能の詳細について以下の関連記事で解説しています。ぜひご覧ください。

また、より確実に成果を出したい場合は、アカウント運用代行会社に依頼するのがおすすめです。以下の関連記事でおすすめの運用代行会社をご紹介しています。ぜひご覧ください。

インフルエンサーマーケティングの実施

TikTok売れを実現させる2つ目の方法は、「インフルエンサーマーケティングの実施」です。

TikTokをマーケティング手段として用いる場合は、TikToker(ティックトッカー)と呼ばれるTikTokで活動をするインフルエンサーに商品やサービスの宣伝をしてもらうこともおすすめです。

TikTokerの中には多くのフォロワーを抱え、高い影響力を持っている方もいます。TikTokerに宣伝してもらうことで、多くのユーザーの目に留まり認知拡大も期待できるでしょう。

また、TikTokerを用いることで、第三者目線での商品紹介ができるためユーザーの信頼を獲得しやすくなります。

インフルエンサーマーケティングやTikTokマーケティングに関して、以下の関連記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

TikTok広告の活用

TikTok売れを実現させる3つ目の方法は、「TikTok広告の活用」です。

TikTokには、広告を出稿するための広告アカウントというものあり、審査に合格すると広告アカウントが利用可能になります。

TikTok広告は、動画自体が短いためユーザーは気軽に視聴でき、広告感なく商品の魅力を伝えられるのもメリットです。

TikTok広告に関して以下の関連記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

TikTok売れの事例

TikTok売れの事例としては、大塚製薬の「ファイブミニ」やネットフリックスドラマの「イカゲーム」などが挙げられます。

ファイブミニはTikTokで話題になり1日の売上が2倍になるというTikTok売れ現象を生み出しました。

イカゲームに関しては、英語圏向けのタイトルである「#squidgame」をつけてドラマ内の「だるまさんが転んだ」のシーンをまねした動画やパロディーにしたりした動画がTikTokに多数投稿されており、「#squidgame」がついた動画の合計視聴回数は630億回を超える結果となっています。

このように、TikTokを通じて、商品・サービスの認知拡大、売上増加を生み出す事例はまだまだ多数存在します。

参照:「TikTok売れ」重み増すユーザー発ヒット

TikTok売れを活用して商品を販促しよ

本記事では、TikTok売れの仕組みやメリット・デメリット、TikTok売れを実現させる方法などを解説しました。

今注目されている動画広告業界で、最もユーザー数や視聴時間の増加が著しいのがTikTokです。

動画広告やインフルエンサーマーケティングにご興味がある方は、TikTokを広告手段として利用してみると良いでしょう。

TikTokマーケティングのお問い合わせはTORIHADAへ

TikTokを活用したマーケティング施策でお困りの際は、TORIHADAまでご相談ください。コンテンツの企画制作、施策のKPI設計とPDCAの実行まで、一貫してサポートいたします。

また、700人以上のクリエイターやインフルエンサーが所属する「PPP STUDIO」から、お客様に適した人材のキャスティングも可能です。

「TikTokの運用のやり方が分からない」「思うような成果が出ない」「インフルエンサーマーケティングをやってみたい」など、ノウハウや実績に基づきお客様の課題や要望に沿って最適なプランをご提案します。

この記事を書いた人

TORIHADA POSTは、TikTok・YouTube・LINE VOOM・InstagramなどのSNSやインフルエンサーマーケティングに関する情報を発信していくサイトです。
SNSの最新情報やインフルエンサーのビジネス活用方法を多様な視点で提供していきます。

若井 映亮
株式会社TORIHADA CEO
【執筆実績】
・『ショートムービー・マーケティングTikTok が変えた打ち手の新常識』出版社:KADOKAWA (2021/12/22)
【メディア出演実績】
・TikTok にハマる理由 優秀なAI がユーザーを魅了する: 日経Biz Gate(2022/2/17)
・今さら聞けない バズる動画完全攻略セミナー:テレビ朝日 NEW ニューヨーク(2021/11/19放送)
・TikTokビジネス活用大全:新R25プレミアム講座

1989年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、サイバーエージェントに入社してアドテク事業の責任者を経験。2017年10月にTORIHADAを取締役として共同創業。2020年4月には、TikTok MCN PPP STUDIOを設立。2023年時点では、総勢700組のショートムービークリエイターを抱える日本最大規模のクリエイター事務所としてクリエイターサポートを行う。自身もフォロワー5万人を超えるクリエイターの1人として、ショートムービー・プラットフォームを活用し、クリエイター目線を持って活動のサポートを行う。2022年12月からTORIHADA POSTの運営を開始。
目次